ポップスポーツクラブ

幼稚園での体育指導や、体育の個人レッスンをしている先生の奮闘記
もっちー先生
1981年生まれ

静岡県藤枝市出身

国士舘大学体育学部体育学科卒

神奈川県内の様々な幼稚園で体育指導、また小学生にスポーツ指導、野外活動イベント企画

体育の家庭教師を始め現在に至る

たくさんの子ども達に体を動かすことが大好きになってもらいたい!
体を動かすことの楽しさ、大切さを伝えていきます!

こんな子どもになってもらいたい!

★ 運動を好きになろう
好奇心旺盛で何にでも興味を持つこの時期に、楽しく想像力をかきたてる体育指導をし、体をうごかすのが大好きになってもらいます。

★ 生きる力を身につけよう
現在「転んでも手を着けない子」「真直ぐに走れない子」「すぐに骨折してしまう子」がふえています。
それは生活するうえでとても危険なことです。
体育活動でたくさんの動きを経験することで、安全に生活するための、体力・能力を身につけます。

★ 健康で丈夫な子になろう
健康な体は一生の財産です。しかし食べてばかりでも、勉強してばかりでも、休んでばかりいても健康にはなれません。
体を動かすことで、神経と脳、筋力が発達し免疫力がつき、健康で丈夫な体になります。

★ 思いやりをもとう
体育活動を通して友だちと協力し、支え合う、ゆずり合うといった思いやりの気持ちを育みます。
また、子ども同士で話し合って解決できるように見守ります。

★ 社会性を身につけよう
整列する、順番を守る、ルール(約束)を守るといった、集団生活で必要なことを覚えます。
そして人と関わることで、仲間の中の自分の存在を確認します。

★ 自主性を身につけよう
子どもなりに自分で何が必要か考え、自ら行動することが大切です。
一人ひとりの長所を見つけたくさん褒めることによって、体育活動に興味を待ち、向上心が高まり
自由時間、家庭で自分から行うような自主性を身につけます。

★ 達成感を感じよう
とび箱をとんだとき、逆上がりが出来た時の達成感、満足感は一生の宝物です。
難しいことに挑戦し成功した達成感を味わい、それが大きな自信となります。





一番上へ